IT系の専門学校とプログラミングスクールの違いは?どっちがいいのか

IT系の専門学校とプログラミングスクールの違いは?どっちがいいのか プログラミングスクール
IT系の専門学校とプログラミングスクールの違いは?どっちがいいのか

未経験や異業種からエンジニアやプログラマーを目指す場合、プログラミングスクールや専門学校に入学することが最適だと言えます。

しかし、プログラミングスクールか専門学校で学ぶかは迷いどころです。

まずは、専門学校とプログラミングスクールの大きな違いから見ていきましょう。

専門学校とプログラミングスクールの違いは

学ぶ期間が違う

学ぶ期間が大きく異なります。プログラミングスクールは専門学校に比べてかなり短いです。

プログラミングスクールは数週間から数ヶ月がほとんどですが、専門学校は短くて2年、長いと4年制の学校も存在します。

学費が違う

学ぶ期間が変わるので学費も大きく変わります。IT系の専門学校は、相場で1年120万程度です。4年も学ぶと500万近くまで学費が掛かります。

一方で、プログラミングスクールは数万円〜数十万円程度です。

期間や企業によって異なりますが、大体4週間で15万前後でしょう。

学習内容が違う

専門学校はプログラミングだけではなく、
体系的にITを学ぶことができます。

一方で、プログラミングスクールは、
プログラミングを中心としたITの中から特化した内容を
学べます。

ただ、学習内容が違いますが、
あくまで、幅広さが異なるだけです。

専門学校ならば、プログラミングや設計、サーバなど
学びますが、プログラミングスクールは、その中の一つを集中的に学びます。

 

最短で未経験からエンジニア・プログラマーになるための手順をまとめた。

専門学校とプログラミングスクールはどっちがいい?

サボらずやり遂げるなら専門学校

専門学校は、学習内容は異なりますが
高校や中学を思い出して貰えば早いかもしれません。
横との繋がりが多く、期間も長いです。

授業を真面目に受ける学生もいれば、寝たり休んだりとサボったりする学生もいます。周りに流されず勉強を続ける自信があるなら専門学校がよいです。

私が専門学校に通ってたときは、授業をしながらリモートワーク をしている友人もいました。

ITの基礎も学びたいなら専門学校

専門学校の中には情報系の資格対策のカリキュラムを取り組んでいるところもあります。さらに、プログラミングも複数の言語を学ぶことができ、サーバやネットワークなど独学では難しい内容も学べます

独学をメインにしたいならプログラミングスクール

プログラミングスクールは、通信講座をしているところも多く比較的
短期間で集中的に講座を受けることができます。

拘束される時間も少なく、独学の一環として講座を受講する方も多いです。
誰かに教えてもらうのではなく、自分のペースで学べる独学をメインにしたいなら
プログラミングスクールがおすすめです。

 

未経験からプロのエンジニアを育てるオンラインブートキャンプとは?

お金をかけず時間に縛られたくないならプログラミングスクール

上記の内容の復習になってしまうのですが、
お金をかけず時間に縛られたくないなら断然プログラミングスクールがおすすめです。

プログラミングスクールも相場が数十万なので決して安くはありませんが、
専門学校へ通うよりも断然時間とお金が節約できます。

ただ、「独学と教えてもらう」のスピード感は違います。
そのためプログラミングスクールを受ける方は、

コツコツ努力のできる人でなければなりません。

 

専門学校とプログラミングスクールは、互いにメリットがあります。
順に見ていきましょう。

専門学校のメリット

横とのつながりが増える

専門学校では、横との繋がりが増えます。
一度社会人になったことのある人や、高校から進学した人も
様々な人がいます。
そんな人たちと、繋がることができ、共に切磋琢磨することができます

講師から授業を受ける授業もありますが、数ヶ月かけて友人とチームを組んで
プロジェクトを進める授業もあります。
これは、専門学校ならではです。

また、就職後にお互いの仕事や業界の話を会ってすることができ、
ストレスの発散にもなりますし、なにより楽しいです。
情報を共有することで、市場価値も知ることができるので、
横との繋がりは大変貴重です。

もしかすると、その友人と起業するかもしれませんし、
仕事を紹介されるかもしれません。

プログラミング以外も学べる

専門学校は、プログラミング以外も学べるところにメリットがあります。

プログラミング以外というと
開発の上流工程である設計やネットワークなどのミドルウェア系まで
とにかく幅広く学べます。

プログラミングスクールのメリット

少人数制や通信講座がメイン

プログラミングスクールは、少人数制や通信講座がほとんどです。
そのため、マンツーマンで講師がつく場合が多く、
自分のスピードで学習を進めることができます。

専門学校とプログラミングスクールの違いで例えるならば、
学校と塾(通信講座)です。

場所や時間に縛られない

通信講座ならば、時間や場所に縛られることはありません。
短期間で集中的に学べるので、仕事をしながら、就活中に、休暇中など
自分のライフスタイルに合わせて学べるのはメリットですね。

おわりに

今回は、専門学校とプログラミングスクールの違いについてまとめました。

専門学校と、プログラミングスクールはそれぞれメリットデメリットがありました。
私自身、専門学校に通い、(教室で受講する)プログラミングスクールに通った経験があります。

専門学校は、幅広く体系的に学べるところや
情報系の資格に向けての学習ができたところにメリットを感じました。
プログラミングスクールでは、マンツーマンでの授業だったので、
気軽に質問ができ、分からないところや不明点をその場で解消することができたのが
良かったです。
ぜひ、自分にあった方を選択してください。

テックアカデミーなら、
現役エンジニアと無料キャリアカウンセリングをすることができます。

 

  • 受講しようか迷っている方
  • 異業種から転職をしようとしている方
  • 将来、フリーランスとして働きたい方

などと考えている方は、
ぜひ一度、無料キャリアカウンセリングをご検討ください!

スポンサーリンク




タイトルとURLをコピーしました