プログラマーやエンジニアが向いていない人の特徴とは?未経験者ほど気を付けるべきこと。

プログラマーやエンジニアが向いていない人の特徴とは?未経験者ほど気を付けるべきこと。 就活

今回は、プログラマやエンジニアが向いていない人の特徴について記していきます。
適性はものすごく大切で、未経験者ほど念頭に置くべきことです。

就職してからミスマッチなんてよくありますが、
早期退職してしまったりストレスで体を壊してしまっては意味がありません。

プログラマやエンジニアが向いていない人の特徴について

プログラマとエンジニアで求められるスキルや能力が異なります。
では、順にみていきましょう。

プログラマに向いていない人の特徴

  • 知的探究心がない
  • 論理的思考ができない
  • 問題解決能力が乏しい

上記の3点がない場合、プログラマの適性がないと言えるでしょう。
やはり、IT業界は移り変わりが激しく知的探究心を持っていないと
すぐ技術に置いてかれます。
また、プログラミングなどでエラーが出た際、どう対処すれば解決できるかという
能力も必要でしょう。

エンジニアに向いていない人の特徴

  • 知的探究心がない
  • コミュニケーションが取れない
  • 管理能力が低い

プログラマの適性と同じく知的探究心がないといけません。
エンジニアはプログラマよりも上位レイヤーについて知識を高めるべきとされています。
広く深く知識を取得する必要があるので知的探究心は必須スキルでしょう。

また、エンジニアは顧客折衝などコミュニケーションをとる場があります。
そのため、伝える能力や聴く力が欠かせません。

さらにチームを牽引する能力も必要です。
エンジニアはプロジェクトのスケジュールや工数、メンバーの管理など
管理する能力が問われます。

未経験者ほど気を付けるべきことは?

未経験者ほど気を付けるべきことは、企業や職種とのミスマッチです。
ミスマッチというのは自分に適性がない業務を与えられ
自分の居場所ではないと感じてしまうことです。

企業や職種とミスマッチしてしまうと、自分の本領を発揮できなかったり
過大なストレスがかかってしまいます。
そして、早期退職や病気で休みがちになってしまいます。

そうならないように自己分析を必ず怠らないようにしましょう。
もちろん入社しないと分からないこともありますが、
自己分析をすることで自分にとって得意なこと、苦手なことを把握できます。

未経験者が陥りがちな「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」で
企業研究をせずに受かったから入社するという行為をしないようにしましょう。

スポンサーリンク



適性がないから諦めろというわけではない

適性がないから諦めろというわけではありません。
最初から能力があるわけではなく、
プログラマやエンジニアに必要な能力は
プログラマやエンジニアになった後から付くものです。

もしもプログラマやエンジニアに必要な能力を
身に付けたい方はぜひプログラマやエンジニアになりましょう。

プログラマやエンジニアになりましょう!と軽く申しましたが、
簡単になれるわけではありません。

独学で学ぶこともできますが、
確実に成長できて、網羅的な学習を進められるかというと
そうではありません。
独学だと学習内容に偏りが出てしまったり挫折してしまうこともあります。

そうならないためにもプログラミングスクールをおすすめします。

プログラミングスクールがおすすめ

プログラマやエンジニアに未経験からなるのであれば、プログラミングスクールに通うのがよいでしょう。

プログラミングスクールでは、自分が学びたいことを学べます。
例えばプログラマになりたいならば、プログラミングを学べたり、ライターになりたいのであれば、WordPressを学べたりします。

短期で集中して学ぶことのできるプログラミングスクールですが、私は全員におすすめしません。

というのもプログラミングスクールを通うにも向き不向きがあるからです。
プログラミングスクールを継続的かつ効果的に学ぶには、受講時間外のリソースも学習に当てる必要があります。

なので、プログラミングスクールのみで成長できると思わず、きちんと努力することができる人には向いています。

そういった方は、プログラミングスクールを上手に”活用”して自分が目指す職業に就くことができるでしょう。

どこのプログラミングスクールがおすすめ?

本気でおすすめしたいプログラミングスクール7選のご紹介。

上記の記事をご覧ください。
いくつかのプログラミングスクールをまとめてあります。
コースや料金など分かりやすくまとめてあるのでぜひご活用ください。

また、プログラミングスクールに通う前に
無料体験や無料相談をしたいという方には、

プログラミングスクール無料体験・カウンセリングを徹底比較。オススメ5選をご紹介!

こちらの記事をご覧ください。

あなたにとって最適なプログラミングスクールが見つかりますように。

おわりに

今回は、プログラマやエンジニアの向き不向きについてまとめました。
向いていなくても決して諦める必要はなく、その職種に就いたら
その能力やスキルが身につくと考えましょう。

また、未経験者からプログラマやエンジニアを目指す場合は、
プログラミングスクールを活用しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたにおすすめな記事

本気でおすすめしたいプログラミングスクール7選のご紹介。

プログラミングスクール無料体験・カウンセリングを徹底比較。オススメ5選をご紹介!

コメント

スポンサーリンク




タイトルとURLをコピーしました