IT系の専門学校に通うメリットとデメリットをご紹介!

IT系の専門学校に通うメリットとデメリットをご紹介! 専門学校

こんにちは、今回はプログラミングやネットワークなどIT系を学べる専門学校に通うメリットやデメリットをご紹介いたします。

IT系の専門学校について

IT系の専門学校は1年~4年制まである学校がほとんどです。
学費も理系大学並みです。

決して安くないIT系の専門学校ですが、最近では大学卒業資格を同時に取得できる専門学校も増えてきています。

IT系は技術職なので即戦力となるITスキルをつけられる専門学校と
就活のときに優位な大学卒業資格を得られるのは、メリットが大きいですね。

ただし、大学卒業資格を得られる専門学校は限られていますので入学を決めるのであれば事前に調査をしましょう。

では早速、IT系専門学校のメリット・デメリットをみていきましょう。

IT系専門学校のメリット

カリキュラムが組まれているため安心

IT技術を扱うので、ゼロ知識の人にとっては難しい内容です。
しかし、IT系の専門学校は、そんなゼロ知識の人でも理解できるようなカリキュラムが組まれています。
例えば、入学後すぐはIT知識の土台となる部分を集中的に行い国家資格やベンダー資格取得に向けての学習が行われます。

IT知識の土台ができたら、開発への環境構築をしてプログラミングを行います。
IT系の知識はプログラミングのみではないのでデータベース やネットワークなど実務で役立つ授業を行います。

私が通った専門学校では、最初は机上で学習、残りは実習という流れでした。

IT系の専門学校とプログラミングスクールの違いは?どっちがいいのか

大学とは違う授業構成

大学は、自分で受けたい講義に出るという流れだと思います。
しかし、専門学校は中学校・高校と同じく授業形式です。

そのため時間割というものが存在して毎朝同じ時間に通学をしていました。
大学に比べて自由が効かない分、サボりにくいのが特徴です。

サボりにくいので単位を落とすことも少ないでしょう。

就職サポートが厚い

就職サポートが厚いのも専門学校の特長でしょう。

よく専門学校就職率100%と謳っている学校がありますが、事実といえば事実です。
私が通っていた専門学校も全員が就職を決めておりました。

就職サポートが厚いと感じるのは、模擬面接や履歴書添削などが行えるところです。模擬面接は実際に面接をしている外部の講師を交えての面接です。
また、学校と会社の繋がりが深いため、良い会社を紹介してもらえたりします。

学校によって就職サポートの厚さは異なりますが、基本的に大学よりも厚いと考えて良いと思います。

同業種が多い

IT系の専門学校は、「IT系に就職」を前提条件として入学している生徒がほとんどです。
そのため、卒業後進路的にはIT業界の一括りになります。
仕事でうまくいかなかったりしたときに相談をしやすく、他のIT会社の実態を知ることができます。
また、連絡をこまめに続けていけば、会社を紹介してくれる場合もあります。

その点、同業種が多いのはメリットですね。

スポンサーリンク



IT系専門学校のデメリット

講師に差がある

講師の質に差があります。
専門学校の講師は教員免許が必要ありません。そのため小中高に比べると個性豊かな講師が揃っています。教えるのが上手な講師やあまりうまくない講師など様々です。

私の授業を担当していた講師の授業では、黒板の文字が薄すぎて何も見えなかったです。

縦との繋がりが薄い

専門学校にもよると思いますが、横との繋がりはあっても縦との繋がりは薄いです。
そのため社会人として必要な縦との繋がるスキルが乏しくなることも考えられます。

その理由として、サークルや部活動といった活動が盛んではないのが考えられます。
部活動やサークルが盛んであれば先輩や後輩と話す機会も豊富ですが、それらの活動が少ないと
先輩後輩と話す機会、そもそも関わる機会がありません。

これがデメリットですね。
もちろん個人的に関わるということはできるので安心してください。

なんとなく入った学生も少なくない

仕方がないことですが、なんとなく入学した学生も少なくありません。
大学に合格できなかったから入学した学生や、せめて専門学校に通えと言われたので入学した学生など理由は様々です。

私が伝えたいのは、周りに流されるなということです。
なんとなく入った学生は、真面目に授業を受けるというよりもサボる傾向にあります。そのため周りの学生に流されて授業をサボるなんてことはやめましょう。

専門学校に入った意味を考え、就職・就職後も即戦力になれるような人材を目指しましょう。

学校の勉強だけでは足りない

学校の勉強だけでは足りません。
その理由として、専門学校は幅広くカリキュラムが組まれているため一つ一つの学習スパンが短いです。そのため自宅での学習をしないと学習した内容が全く意味のないものになってしまいます。

あくまで専門学校は初心者の壁であるゼロをイチに変える場所だと考えて
イチをヒャクに近づけるのは自分での学習と考えましょう。

短期間でプログラミングの学習をしたい


短期間でプログラミングを学習したいあなたにおすすめなのが
「プログラミングスクール」です。

プログラミングスクールは専門学校に比べ学習期間が短く安価なのが特長です。
ぜひ、ゼロをイチに変えるために学びたい方はプログラミングスクールを検討してみてください。

プログラミングスクールの中でもテックアカデミーがおすすめです。

テックアカデミーは、プログラミングやアプリ開発を学べるオンラインスクールです。

完全オンラインなので自宅にいながらプログラミングの学習ができます。
もし興味がある方はテックアカデミーの無料体験をしてみてください。

テックアカデミーの無料体験とは

学習システムを全て体験できる無料体験を開催しています。
オンライン教材・メンターサポート・実際の開発ツールを使い自宅でできるプログラミング学習を体験することができます。

 

 

おわりに

今回は、IT系の専門学校のメリットデメリットについてまとめました。
IT系の専門学校はメリットもデメリットもありましたね。

専門学校に通うと決めている方は、不安がらないでくださいね。
自分でも学習を進めれば立派なIT技術者になることができます。

また、IT系の専門学校に通うか迷っている方はぜひ、

  • 専門学校
  • プログラミングスクール
  • 大学
  • 大学+プログラミングスクール

を検討してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク




タイトルとURLをコピーしました